カテゴリ:
ニュープロで人生を書き換えている、ahoriatsuです。

今回はニュープロで何を学べるのか、その一部をお伝えします。

今回は物事の捉え方を変えてみる「リフレーミング」についてです。








角谷リョウのニュープロ無料レポート情報の入手はこちらから!



ニュープロで成功を引き寄せる無料レポート集【Vo.02】
【成功ツール】強力なパワーがある無意識の活用スキルを持つ!

IMG_0926




1.人間万事、塞翁が馬

中国の故事成語に「人間万事、塞翁が馬」というのがあります。

国語の授業に出てきた記憶がありますが「授業中は寝ていてよく覚えていないな~!」という人は、よかったらご覧ください。

~昔々、中国の物語。

塞翁(塞じいさんという意味)の馬が逃げ出しました。

近所の人たちは馬が逃げて残念だね、と塞翁に言います。

ところが塞翁が言った言葉は「そんなに悪いことでもないんじゃない?」と。

しばらくすると逃げた馬が、ほかに数頭の馬を連れて帰ってきましたじゃありませんか!

近所の人たちは馬が増えてよかったじゃない!とうらやましがりますが、塞翁は「うーん、悪いことが起こるかもしれない」と困った様子。

塞翁の息子は馬が増えたことで乗馬が好きになりましたが、やがて落馬して大けがをしてしまいます!

近所の人たちは息子が大変な目にあってガッカリだね、となぐさめました。

しかし塞翁は「逆にこれでよかったかもしれない」と言いました。

やがて…国同士で大きな戦争が起こり、多くの若者が徴兵されて故郷に帰ってきませんでした。

しかし大けがをした塞翁の息子は、徴兵を免れて戦争に行かずに生き残りました。




2.人生万事、塞翁が馬だよ!?乗り切るためのテクニック

「人間万事、塞翁が馬」で言いたいことは、

一つの事象に対して別の視点を加えると、結果の捉え方が変わるということです。

戦争という大きな事象を前にして、大けがをしたから戦争に行かずに済んだ塞翁の息子は、幸運だと思いますか?自分はそう思います!

ニュープロではあらゆる事象に対して、結果の捉え方を変えるテクニックがあります!

それは「リフレーミング」と言います。

その起こった出来事に対して、フレームを変える、という意味です。

最近、自分がリフレーミングしたのは、機械で作業中に中指の先を挟んでしまいました。

指先が腫れましたが骨折はしていないようで、幸いにも大事には至りませんでした。

しかし、ミスをしたりケガをすることで気持ちが落ち込むものです。

指先が腫れてそれなりに痛いケガなのと、なんでそんなミスしちゃったかな~!と。

しかし、こうも思うのです。

「大したケガでなくてよかった」
「安全対策を考えなきゃ、同じミスはしない」

それ以上に悪かったら指を切断していたかもしれません。しかし、そうならなかったことを幸いと考え、次は同じミスをしないように安全対策を考える。

いつまでもクヨクヨしないで気持ちを切り替えるのです!


3.角谷リョウ先生のニュープロは人生の学びがたくさん!

リフレーミングはニュープロのテクニックの一つに過ぎません。

ニュープロは人生を生きる上での心理術や深層心理に働きかける学習やワークがたくさんあります。

自分は角谷リョウ先生にニュープロを教わり、考え方や行動に変化が生まれました。

今までなら悪いことが起きたら「ついてない!」と引きずっていましたが、

今は悪いことが起きても立ち直りが早くなりました。

先生のコンテンツやワークに触れたおかげで、毎日の生活がたのしくなりました!

次回のセミナーは11月17日(日)、東京での開催が決定しました!

3000円の費用で、あなたもニュープロ体験ができます!

申し込みはこちらから!


今なら、その人気ニュープロ講師、角谷リョウ先生のコンテンツに触れるチャンスがあります。

↓こちらから無料でダウンロードできますから、ぜひ受け取ってくださいね。




角谷リョウが提供!億万長者が使うニュープロの秘密・無料公開!



72526112_512585272632524_2115103137936179200_n


最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。